学祭で有名人(インフルエンサー)を呼ぶ際の具体的なキャスティング費用(値段)を公開

学祭で有名人(インフルエンサー)を呼ぶ際の具体的なキャスティング費用(値段)を公開


学祭にインフルエンサーを呼ぶと盛り上がる!

中学校や高校、大学などでは、毎年学祭と呼ばれる学園祭イベントが開催されます。特に有名人などが来校しなくてもとても盛り上がるイベントで、学生にとっては大きな思い出を作る機会でもあります。しかし学祭に有名人を呼ぶと、より高い集客力が期待でき、イベントが例年よりも盛り上がることは言うまでもないでしょう。

学祭に有名人を呼ぶことには、たくさんのメリットがあります。1つ目は、なんといっても盛り上がるという点です。普段はテレビの中でしか見ることができないタレントを直接見ることができるので、学生にとってはかけがえのない思い出作りができそうです。

2つ目のメリットは、高い集客力が期待できるという点です。学祭に有名人がやってくれば、そのファンも来場してくれるかもしれません。場合によっては、遠方からファンが足を運んでくれることも期待できます。

3つ目のメリットは、高い宣伝効果が期待できるという点です。有名人がXXという学校の学祭に出演したということで、学校の知名度が飛躍的に高まります。

費用はどのぐらいかかる?

学祭にインフルエンサーを呼ぶためには、費用がかかります。具体的にどのぐらいの費用なのかについては、誰を呼ぶのか、そのタレントや有名人の知名度や人気、影響力によって大きく変わります。例えばテレビに出ているベテラン芸人などは、100万円~300万円程度になることが多いですし、少しだけ知名度がある芸人でも、学際に来てもらうとなると50万円程度はかかるでしょう。

歌手を呼ぶ際にも、その歌手の知名度や人気によってかかる費用は異なります。コンサートをするような有名な歌手だと400万円以上が相場となりますし、それ以外に機材を準備するなどの設備費もかかるため、かかる費用はさらに高くなるでしょう。

俳優やモデルを学祭に呼ぶこともできます。CMに出演するような知名度を持つ俳優だと、出演料は300万円超となることが多いでしょう。学生がよく読むような雑誌に登場する専属モデルなら、価格がリーズナブルになって50万円~150万円が相場となります。

若い者ウケが良いYouTuberなどのインフルエンサーも人気

学祭の主役は、学生です。そのため、来てもらう有名人を選ぶ際にも、10代から20代に人気のインフルエンサーを選ぶのがおすすめです。近年では、ネットで人気が高いYouTuberなどを招待するのも人気があり、タレントを呼ぶよりもリーズナブルな価格で呼べるという点が好評です。

YouTuberなどネットという媒体の中で主に活躍するインフルエンサーを学祭に呼ぶ場合にも、そのYouTuberの知名度や人気、YouTubeにおける登録者数によって影響力が異なるため、キャスティング費用の相場は変わります。目安としては、登録者数が多い人はキャスティング価格も高いと考えると良いでしょう。

《YouTuberのキャスティングはこちらをクリック!》

学祭にインフルエンサーを呼ぶ注意点

学祭にタレントやYouTuberなどのインフルエンサーを呼ぶ際には、いくつか注意点があります。1つ目は、学校が地方にある場合には、交通費や宿泊費が別途でかかるという点です。タレントだと一人で来校することは少なく、マネージャーやスタッフが同行します。その際には、交通費と宿泊費は人数分が必要になるので注意しましょう。

2つ目は、キャスティング費用とは別に、諸経費がかかるという点です。歌手を呼ぶ際には音響設備を準備しなければいけませんし、女優やモデルを呼ぶとメイクやヘアを整えるメイク代がかかります。さらに、会場には多くの人が足を運ぶと予想されるため、警護の費用も別途かかることは理解しておきましょう。

まとめ

学祭にタレントやYouTuberなどのインフルエンサーを呼ぶことには、たくさんのメリットがあります。知名度や人気によってかかる費用は異なるため、費用対効果を考えた上で、呼ぶのか呼ばないのか、また誰を呼ぶのかを決めたいものです。

《キャスティングのお問い合わせはこちらをクリック!》