Instagramはもう古いTikToker(インフルエンサー)マーケティングの時代

Instagramはもう古いTikToker(インフルエンサー)マーケティングの時代


インフルエンサーのマーケティング事情

インフルエンサーと呼ばれる人は、タレントやモデルのようにテレビや雑誌などのメディアを中心に活躍する人もいれば、YouTuberやインスタグラマー、そしてTikTokerのようにネットを中心に活躍する人もたくさんいます。インフルエンサーによっては、幅広いプラットフォームで活躍していますが、中にはインスタグラムを中心にしているとか、TikTok(TikToke)を中心に活動しているなど、プラットフォームが特定している人もいます。インフルエンサーの勢力図やマーケティング市場を理解することは、どのプラットフォームからインフルエンサーをキャスティングするかを決める際には大きく関係するでしょう。

例えば、少し前までは、企業がインフルエンサーを起用する場合にはインスタグラムからキャスティングするのが人気でした。しかし近年では、SNSの人気やトレンドが変わりつつあり、インスタグラムよりもTikTokの人気が高まっています。企業のインフルエンサーキャスティングにおいても、TikTokプラットフォームからインフルエンサーを採用するのがトレンドとなっています。

TikTokとキャスティングの関係とは?

SNSは、それぞれ特徴が異なります。インフルエンサーマーケティングで人気となっているTikTokは、比較的何でもバズりやすかったり、商品やサービスを問わずにバズりやすい傾向があります。これが、多くの企業にとって魅力的なのかもしれません。また、SNSの中でもTikTokはユーザー数が右肩上がりに増え続けているプラットフォームでもあり、今後はさらにユーザーが増えるという点もまた、企業にとってはインフルエンサーをキャスティングしたい理由と言えます。

TikTokで活躍するインフルエンサーをキャスティングした企業はたくさんあります。例えば、アメリカ国内を中心に携帯電話などの通信機器を取り扱うVerizon(ベライゾン)や、ヘルシーなヨーグルトで人気の食品メーカーChobani(チョバニ)など、大手企業が挙げられます。さらに2021年には、企業自身が本格的にTikTokを運用するケースも増えており、今後はさらに企業とTikTokインフルエンサーとのコラボが期待されます。

TikTokマーケティングのデメリットとは?

全てのSNSには、他のプラットフォームと比較してメリットもあれば、不便だなと感じられるデメリットもあります。企業がTikTokインフルエンサーをキャスティングする際には、メリットに注目することはもちろん大切ですが、デメリットにも目を向け、理解した上で適切なデメリット対策を講じることが必要です。

例えば、TikTokはYouTubeと比べるとまだサービスが開始されてからの歴史が浅いため、成熟度という点では他のSNSに及ばないという点が挙げられます。企業のSNSマーケティングに関する企業からのインフルエンサー予算を見ても、全体の75%はYouTubeに充てられています。TikTokがトレンドの波に乗ってインスタグラムよりも人気が高くなってきたとはいえ、インフルエンサーに割り当てられる予算は全体の15%~20%程度とそれほど多くはありません。

まとめ

企業がSNSのインフルエンサーをキャスティングするなら、インスタグラムよりもバズりやすくユーザー数が右肩上がりに増え続けていることで人気のTikTokがおすすめです。成熟度という点では未知な部分はあるものの、若者を中心にユーザー数を確実に増やしていますし、大手企業の中には本格的にTikTokの運用をスタートした所もたくさんあります。TikTokのインフルエンサーキャスティングのことなら、キャスティング代行サービスで定評があるクロスアイに相談するのがおすすめです。

《TikTokerのお問い合わせはこちらをクリック!》