【YouTuberキャスティング】会社比較6選!各社の特徴を徹底比較

【YouTuberキャスティング】会社比較6選!各社の特徴を徹底比較


YouTubeの運営を加速させる、もしくはYouTuberを使って商品のPRを行う上でYouTuberを起用することはとても重要です。
企業イメージにマッチしていなければ批判される可能性もあり、マイナスの効果をもたらしかねないからです。
ここではYouTuberのキャスティング会社5社を紹介し、それぞれの特徴を解説します。
YouTuberキャスティング会社の比較を考えている方はぜひこの記事を参考にしてみて下さい。

YouTuberキャスティング会社とは?

マーケティング業界におけるYouTuberの存在は非常に大きなものがあります。
トップYouTuberが億単位の年収を稼ぐと言われるように、その影響力は絶大です。
もちろん、企業が自社の動画や商品紹介に YouTuberを起用すれば大きな効果が期待できます。

自社のイメージにあっている。商品のカラーに合致する。
その人選は企画内容によって適宜変える必要はあるでしょうが、うまく活用することであなたの企業の動画が大きく注目される可能性が高まります。その時、頼りになるのがYouTuberのキャスティング会社です。

多くのYouTuberとのネットワークを持キャスティング会社は、あなたの会社が求める YouTuberを効率的に揃えてくれるでしょう。
美容系に強い YouTuber、 トレーニング系のYouTuber、ビジネス系 YouTuber…。 YouTubeを視聴していれば分かりますが、そこ には本当に多種多様なタイプのYouTuberが存在します。その中から適切なYouTuberを選定するのは至難の業です。

あなたの企業が属するジャンルにマッチしたYouTuberを起用すれば、動画の反響が大きくなることが期待できます。
加えて、YouTuberによる拡散で、情報は加速度的に拡がっていくでしょう。 YouTube運営や商品PRにおいて、YouTuber を活用することは計り知れないメリットがあるのです。

YouTuberキャスティング会社比較の際の注意点

商品やYouTubeチャンネルのPRにYouTuberの起用が有効なことは間違いありませんが、YouTuberのキャスティングやタイアップは今や人気の為高額になっており注意して選定する必要があります。

実際にYouTuberキャスティング会社比較の際の注意点を確認していきましょう。

第三者目線でのキャスティングが行われているかどうか

YouTuberキャスティング会社比較の際の注意点として最初にあげられるのは、第三者目線でのキャスティングが行われているかどうかというポイントです。
YouTuberキャスティング会社にもさまざまな事業社がありますが、自社でインフルエンサーを所有していたり、提携先の事務所と利害関係があるとどうしても第三者目線でクライアントにとって最も適した提案がされないケースが少なくありません。

実際にキャスティングを依頼する際には、YouTuberキャスティング業者に提案を丸投げせず、自身もしっかりと勉強や分析をした上で比較や判断を行っていく必要があります。

YouTubeにおける経験やノウハウ

YouTuberキャスティング会社比較の際の注意点の2点目はYouTubeにおける経験やノウハウがある会社を選ぶというポイントです。
YouTuberキャスティング会社というだけで、YouTubeのノウハウや知識が十分にあるように勘違いしてしまう方も多いですが、実際にはそうでないケースが多々あります。

実際にYouTuberのキャスティングを行う際には、企画やコンテンツ、チャンネルの分析能力などが必要になるため、YouTubeアルゴリズムやチャンネル運営に精通した事業社に依頼するのが最も安心です。

本メディア「LaboTube」を運営する株式会社TUUUBEも自社YouTubeチャンネルの運営や他社チャンネルのコンサルティング、国内最大級のYouTubeニュースメディア「LogTube」を行う一環としてYouTuberkキャスティングを請け負うYouTubeに関するプロ集団です。

YouTuberキャスティング会社を比較・選定する際にはYouTubeに特化した実績を確認したうえで検討するようにしましょう。

YouTuberキャスティングサービスを提供する会社比較6選
株式会社クロスアイ

株式会社クロスアイ

タレント、文化人、専門家、スポーツ選手、芸人、歌手のキャスティングを軸としている会社です。著名人のキャスティングに強く、集客面での効果は保証されているといえるでしょう。一気に注目度を高めたいときや大きなイベントなどの際の動画作成では特に頼りになる一社といえるでしょう。

「扱えない案件はない」と謳っている通り、素人家族のキャスティングなどにも対応し、細部までこだわった動画づくりを目指す企業にとっては抜群に使い勝手にすぐれる一社といえるでしょう。

《キャスティングのお問い合わせはこちらをクリック!》

株式会社CINC

株式会社CINC

AI やビッグデータを活用した最新テクノロジーで企業の課題を解決することを事業のメインとする同社。キャスティングは本業ではないものの、専門領域のデータ活用をフルに生かした、結果から逆算したキャスティングは高い評価を得ています。

人気や実績に捉われず、最も効果が期待できる YouTuber をアサインする姿勢がビジネスライクでもあり、サイエンティフィックで、デジタル時代にフィットしたキャスティング会社といえるでしょう。

《キャスティングのお問い合わせはこちらをクリック!》

株式会社ネットマイル

株式会社ネットマイル

自社メディア事業、ADネットワーク事業などを主軸にする会社です。YouTuberの活用は、同社のYouTubeとLINEを組み合わせた獲得効率重視のプロモーションプランの一環で行っています。

主体はプランのため、YouTuber自体の活用コストは抑えられています。その意味では明確な目的があり、このプロモーションの活用に有効性を感じるなら、一石二鳥の活用効果が見込め、利用価値は高そうです。

《キャスティングのお問い合わせはこちらをクリック!》

株式会社BitStar

株式会社BitStar

インフルエンサーを専門的に扱い、結果を重視したキャスティングで定評の会社です。キャスティング会社ながら、あえて結果にこだわるという時点で信頼がおけますが、実際に大手の上場企業からベンチャー企業まで、多くの企業に利用され、プロモーション実績は700社以上におよびます。

事務所所属やフリーランスを問わずインフルエンサーを横断的に提案、起用することが可能なのも特徴です。課題や目的に応じた最適なプロモーションをワンストップで実現するとしており、キャスティングに留まらない周辺業務のケアまで安心して任せられます。また、人間以外、つまり vtuber の作成にも対応してくれます。

《キャスティングのお問い合わせはこちらをクリック!》

株式会社エビリー

国内 YouTube チャンネルを網羅したデータベースを保有しているのが特徴のキャスティング会社です。データベースを活用し、その中から最適なユーチューバーを選定してくれます。
その数は約6万組におよび、どのYouTuberがどのジャンルに強いのかをデータに基づき判定し、キャスティングします。根拠に基づく提案によって、より精度の高いタイアップが実現。大きな効果が期待できます。

《キャスティングのお問い合わせはこちらをクリック!》

株式会社toridori

インフルエンサーマーケティング事業を手がけるtoridori。企業とインフルエンサーのニーズにとことん向き合い、"インフルエンス・プラットフォーマー" としてあらゆる面でのサポートを提供します。

《キャスティングのお問い合わせはこちらをクリック!》

まとめ

企業のYouTubeチャンネル運営において、いかに方向性に合致したYouTuberを起用するかは重要な要素です。マイクロでコアな層へのアプローチがしやすいYouTubeでは、その人選次第で一気に見込み客を開拓できるからです。

成功のカギは、いかに多様な人材を揃えられるかがポイントとなります。ニッチでもその分野では熱狂的に支持されている人材をキャスティングできれば、ターゲットとして狙った層での注目を集められるでしょう。

YouTuberキャスティング会社はYouTubeを知り尽くしています。動画作成において、キャスティングのミスマッチは致命傷にもなりかねませんから、キャスティング会社とパイプはしっかりと構築しておきましょう。それにより動画づくりの幅も大きく広がります。より高次元なYouTube運営を目指すなら、頼れるキャスティング会社の確保は必須です。

《キャスティングのお問い合わせはこちらをクリック!》

関連するキーワード


キャスティング 比較 費用